選挙必勝バイブル

選挙カーを活用するポイントや注意点は?選挙カーを使わない戦略も

  • 2023.02.10

選挙カーでの名前の連呼は、有権者の投票行動に大きな影響を及ぼすことがわかっています。

若い世代には不人気な選挙カーですが、大きな効果を見込めることは知っておきましょう。

この記事では、選挙カーの効果や活用する際のポイント、注意点などを解説します。

選挙カーを使わない戦略についても触れていますので、参考にしてみてください。

※本記事は、選挙プランナー松田馨氏の著書『地方選挙必勝の手引(増補改訂版)』(2022年9月30日発刊)の内容を、許可を得たうえで使用・引用しております。

選挙カーの活用は票につながる可能性が高い

選挙カー(選挙運動用自動車または船舶)には、あなたの顔写真と名前を大きく掲載できます。

選挙カーでの名前の連呼は集票につながる可能性が高いという社会心理学の調査論文※が発表されるなど、選挙カーの有効性が証明されています。

※参考:三浦・麻子,稲増・一憲,中村・早希,福沢・愛(2017)『地方選挙における有権者の政治行動に関連する近接性の効果:空間統計を活用した兵庫県赤穂市長選挙の事例研究』社会心理学研究・第32巻第3号

選挙カーを活用する際のポイント

❶ 前後の看板はスペースがあまりないため、姓か名のどちらかを大きく記載するなど工夫しましょう。

❷ 左右の看板にはできるだけ大きく名前と顔写真を記載します。

❸ スピーカーはできるだけ前後の角に2基ずつ設置して、左右にも音が広がるようにするのがおすすめです。

❹ 看板を照らす照明も設置しましょう。20時以降は音を出すことは禁止されていますが、選挙運動は24時間可能なため照明の点灯は問題ありません。告示前に所轄の警察署で道路交通法上の「設備外積載許可」を申請しておきましょう。

❺ 車体にも顔写真や名前、キャッチフレーズなどを記載することができます。サイズは看板と同じ制限を受けるため、2,730mm×730mm以内にしなければなりませんので注意しましょう。選挙ポスターを貼ることも可能です。ラッピングした選挙カーなどの場合、単なる装飾であれば問題ありませんが、キャッチフレーズや顔写真が入る場合は枠で囲うなどサイズ以内であることを明確に示さなければなりません。

ネット選挙対策なら、選挙ドットコムのボネクタ

・選挙を有利に戦うためにネット選挙対策を始めたいけど、どうすれば良いかわからない
・ホームページを作ったけど、支援者以外からアクセスが集まりにくい
・SNSより強力なネット対策を行いライバルに差をつけたい

そんなお悩みをお持ちの方にオススメなのが、
選挙ドットコムで政治家の方々が有権者にPRできるネット選挙ツールが「ボネクタ」です。

ボネクタを利用すると、年間8,000万アクセスを集める日本最大級の選挙メディアである「選挙ドットコム」で有権者に動画やブログなどで情報発信できます。

料金負担はプランにもよりますが、一日あたり実質130円(税抜)からスタートできますし、
手厚いサポート体制があるのでネットが苦手な方でもご安心いただけます。

ネット選挙対策で必須のツールとなっている、ボネクタについて気になる方はこちら

選挙カーについての詳細

選挙カーについての規定をまとめて確認しておきましょう。

台数
  • 1台(自動車と船舶の同時使用は不可)
  • 拡声器1組
規格
  • 【車種の制限】乗車定員10人以下の自動車など
  • オープンカー、サンルーフのあるものなどは禁止
  • 【看板の規定】2730mm×730mm以内
  • 数や種類の制限はなし
  • 【提灯の規定】直径45cm以内×高さ85cm以内で1個(ほとんど活用されていないが規定上使用は可能)
記載内容
  • 選挙運動用なので記載事項には制限なし(虚偽事項や利害誘導は禁止)
  • 看板だけでなく車体にも記載が可能
  • 大きく顔と名前を記載するのが基本
備考
  • あんどん型の照明看板は基本的に認められない
  • 外部から看板を照らす照明をつけることはできる
  • 車体に直接選挙ポスターを掲示することもできる(剥がれないように注意)
  • 公費負担あり

選挙カーの注意点①車種選び

車種については制限があり、オープンカーやサンルーフ付きのもの、定員が11人以上のバスなどは使用できません。

看板のサイズや車体の幅・高さなど規定がありますので、早めに準備をすすめましょう。

選挙カーの規格については後ほど紹介しますので、このまま読み進めてください。

選挙カーにおいては、

  • 車種をどうするのか
  • 看板のデザインをどうするのか
  • スピーカーなどの音響設備をどうするのか

など、細かい点で効果に差が出ます。

大型の車にした方が看板も目立ちますし、より大きな音量を出せるスピーカーを設置することもできますが、細くて狭い道に入ることができないという弱点もあります。

選挙区によりますが、細くて狭い道が多い地域では軽自動車の活用がおすすめです。

選挙カーの注意点②業者選び

選挙カーの業者選びにも注意してください。

以前に私が関わった選挙で、候補者が費用を削減するために知人に依頼して看板や音響設備を搭載してもらったことがありました。

見た目は良かったのですが、1日でバッテリーが上がってしまって音が出なくなってしまい、トラブルの対応に余計な時間を使う羽目になってしまいました。

こうしたトラブルがあると貴重な選挙運動期間を無駄にしてしまいますし、警察署への届け出なども必要になります。

経験と実績のある業者に依頼することをおすすめします。

選挙カーを使わない戦略も◎

選挙カーは若い世代には人気がありません。

特にSNS上ではとても不人気ですから、選挙カーを使わないという戦略も考えられます。

実際に過去の地方議会議員選挙において、選考カーを使用せずに当選された候補もいます。

選挙カーを使わない場合は、そのことをネット上で発信し、選挙ポスターなどにも記載するといった形で、有権者にしっかりとアピールしましょう。

LINE公式アカウントへ特別にご招待【政治家・立候補予定者限定】

いかがでしたでしょうか。ポスターやチラシを中心とする従来型の選挙・政治活動に加え、近年急速に重要性が増しているのがネット選挙対策です。

私たち、選挙ドットコムは日本最大級の選挙・政治家情報サイトとして、日本全国各地の選挙の最新情報を常に収集・分析しており、最新のネット選挙に関するノウハウや情報を蓄積しております。

この記事をお読みいただいた、現職の政治家の方、新人や元職の立候補予定者の方々限定で、選挙や政治活動の実戦的なノウハウや最新ネット選挙のデータをご共有させていただくために、LINE公式アカウントを開設いたしました。

ぜひ、以下のリンクからLINE公式アカウントに登録いただきたいです。

今すぐLINE公式アカウントに登録する

今後とも選挙ドットコムとボネクタをよろしくお願いいたします。

ボネクタ